オゾンの安全性

オゾンは必ずしも安全なものではありません。オゾン濃度が低ければ特に問題はありませんが、濃度が高ければ危険です。これは、気体のオゾンであっても、オゾン水であっても同じです。とはいえ、オゾン水についてだけ言えば、オゾン水は国から食品添加物としても認められているほど安全です。

日本国内の多くの水道は、今では塩素ではなくオゾンを使って殺菌されていますし、飲食店でもオゾンを使って塩素を分解した後の水が出されたりもしています。

食品の殺菌のために、これまで塩素系の薬品が使われていたり、実は今でも使わたりしていますが、このような薬品は食品自体に残ってしまいます。ですので今ではオゾン水で殺菌することが増えてきました。オゾンは薬品と異なり、除菌した後は食品に残りませんし、食べても問題がないからです。

オゾン水は2.0ppmまでの濃度であれば、安全と認められており、1.0ppm以上の濃度があれば、雑菌やウィルスを除去できるため、大変有効に使われています。

オゾンの危険性〜濃度と人体への影響

気体のオゾンもオゾン水も、濃度が高ければ危険です。濃度を高くし過ぎないように注意する必要があります。同時に、あまり高くないオゾン濃度であっても、あまり長い時間その場にいたりしないようにすべきです。濃度によって、人体への影響は異なります。

どのような作業環境であれ、世界中どこでも、許容されているオゾン濃度は0.1ppmまでと決まっています。それ以上の濃度であれば、換気をするなり、退避するなりして、オゾンを大量に吸引しないようにしましょう。

オゾンの濃度を測るには、オゾン濃度計が必要です。もちろん常に濃度計を見ながら仕事をするというのも面倒ですし、そもそも濃度計自体もそれなりに高い値段なので、導入も容易ではありません。

そのような中、どうすればオゾン濃度の高低がわかるのか。というのは、オゾンのニオイがするかどうか、ということに尽きます。オゾンは独特の生臭いニオイがあり、そのニオイを鼻で感じたら、0.1ppm程度はあると判断できます。少々オゾンを吸ったところで問題はありません。問題があるのは、オゾンのニオイがする環境に、長時間いることです。長時間オゾンを吸っていると、ノドが痛くなったり、頭が痛くなったりします。